美術系高校への受験生

K.Iさん 中3  今年は、美術系高校への受験生が通っております。 小学生の時から絵が上手で描写力があるお子さんでしたが、デッサンは初めての体験。 慣れるまでは、けっこう戸惑っていました。  そもそも、デッサンとは何か? デッサンは、一言で言うと、モノを正確に観察して正確に表現する事です。 日常の…
コメント:0

続きを読むread more

ブックヌックが完成しました

 一年前にAmazonで購入したブックヌック(本と本の間にはさむジオラマ)のキッドを利用しつつ、オリジナルのブックヌックを作っていました。 届いたブックヌックキッドは簡単に合体できました。 ・・・・・・ちゃちー。 あまりのクオリティーの低さに膝から崩れそうなレベル。 ・・・・・。 うん。作り直そ…
コメント:0

続きを読むread more

シジオラマパーツ用品店

 現在、一年前にAmazonで購入したブックヌック(本と本の間にはさむジオラマ)のキッドを利用しつつ、オリジナルのブックヌックを作っています。 制作期間一年というと、すごい作品のように思われますが、全然そういう訳ではありません。 気が向いた時、思い出したように作るため、とーーーっても進みが遅いだけです。 最…
コメント:0

続きを読むread more

鶏ポタらーめんTHANK -味変を繰り返せるラーメン-

 東京・浜松町で食べた美味しくて不思議な一杯。 「鶏ポタらーめんTHANK」のラーメン(900円税込)です。 鶏肉と10種類の野菜(120g)が詰まったポタージュスープは、優しい味わい。 飲むたびに次の一口が飲みたくなります。 細麺がスープに絡み、良く合います。 細長いメンマが、主役級の絶品。 あ…
コメント:0

続きを読むread more

TOKYO ART CRAFT FESTA vol.5

  アートクラフトのイベント「TOKYO ART CRAFT FESTA vol.5」https://artcraftfesta.com/archives/4396に行ってきました。 こういうイベントに足を運ぶ理由は、自分が知らない雑貨に出会ったり、アトリエぱれっとでの作品作りのヒントを探すためです。 会場は、東京・…
コメント:0

続きを読むread more

初めてのケバブ

 東京・小岩にレジン体験教室に行った時、初めてケバブを食べました。 ケバブとは、中東のローストして調理する料理。店頭で巨大な肉の塊をあぶり焼きするアレです。 今さら珍しくないのですが、まだ一度も食べたことがありませんでした。 食べたのは、JR小岩駅から歩いてすぐ近くにある「ジョンズ ケバブ」。 小…
コメント:0

続きを読むread more

『夢の覗き箱』-空間に佇む夢の世界-

 東京・京橋のスパンアートギャラリーで17名の作家によるグループ展『夢の覗き箱』-空間に佇む夢の世界- を観てきました。 テーマは、「夢の覗き箱」。 作家さんによって切り口はいろいろ。 幻想的な世界が楽しめました。 同展に足を運んだのは、日野まきさんの作品を観るため。 日野まきさんの作品…
コメント:0

続きを読むread more

六面体の可愛くて美しいキューブパン

 JR下総中山駅を降りた時、たまたま見つけた「CRAFT BAKERS 下総中山本店」。 南口から徒歩10秒の場所にあります。 店頭に飾られているポスターのキューブパンのあまりの可愛らしさと美しさにつられて、店にふらりと入りました。 小さいお店ですが、ショーケースに並んだ商品を見て目がクギ付けに…
コメント:0

続きを読むread more

『不思議の国のアリス』-絵本のテーマパーク-

  世界中で人気のある名作『不思議の国のアリス』。 その名作を大胆にポップアップ(飛び出す絵本)に仕上げたのは、ロバート・ジェームス・サブダさん。 ニューヨーク・タイムズ紙は2003年の記事で、彼を「紛れもなくポップアップの王」と称しました。  私は昔から本が大好きでした。 現在ではスマホから画面越し…
コメント:0

続きを読むread more

自分でも気がつかないたくさんの成長

 作品の仕上がりは、生徒さんの経験や技術によって差が出る場合があります。 ただし、完成した作品だけが大切だとは思っていません。 結果も大事ですが、そこまでの過程をどう頑張ったか、そこに真の価値があると思います。 生徒さんが、今まで出来なかった事ができるようになった時、できるだけ褒めるようにしています。 今まで…
コメント:0

続きを読むread more

緑が美しい小松菜クリーミーラーメン

 先日、下総中山駅から歩いて7分の住宅街の中にある街中華のお店「中華 ひろ」で昼食を食べました。 お得なランチメニューがありましたが、この店名物の「小松菜クリーミーラーメン」1000円(税込)を注文しました。 運ばれてきたラーメンは、潔いほどの見事な緑色のスープ。 船橋特産の小松菜が使わ…
コメント:0

続きを読むread more

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

 日本の代表的なイラストレーターの宇野亞喜良さんの、過去最大の個展が現在開催されています。 場所は、新宿に近い東京・初台の東京オペラシティ アートギャラリー。 現在90歳になる宇野亞喜良さんは、「イラストレーション」・「イラストレーター」という言葉を日本で根付かせたレジェンド的な存在です。 切れ目な目力…
コメント:0

続きを読むread more

アトリエの現在の空き状況

 新年度が始まり、3ヶ月が経ちました。 造形教室アトリエぱれ現在の空き状況についてお知らせいたします。 あすみが丘教室は余裕がありますが、おゆみ野教室は、コース・曜日によっては、すでに定員に達しているクラスや定員間近のクラスがあります。ご興味がありましたら、入会の有無は関係なく、見学だけはお早めにされることをお勧めい…
コメント:0

続きを読むread more

『空気の器』4

『空気の器』は、最初は円盤状の平らな紙ですが、切れ目が入っているので、広げ方によっていろいろな形の器ができます。 今回取り組んだのは、中学2年生のCさん。 高学年ぐらいから美的センスの成長が著しい生徒さんです。 ただし、今回の作品は普通の絵ではなく、シルエットを使ったデザイン的な絵を求めました。 デザインの学…
コメント:0

続きを読むread more

本棚に生まれた新しい世界

 以前ネットでブックヌック(本の隠れ家)を目にして、すっかりその魅力に虜にされました。 ブックヌックとはミニチュアのジオラマで、本と本の間にはさむことで完成します。 本の中に突然現れる路地裏は、その先を想像せずにはいられない、とても不思議に感じる景観です。 先日、日本で活躍されている有名なブックヌックの作家mondeさ…
コメント:0

続きを読むread more

『エンジェルレター』-形が変化する手紙-

 アトリエぱれっとでは、毎年「母の日」の前にプレゼント雑貨を作っています。 贈る相手は、お母さん・お父さん・お祖父ちゃん・お祖母ちゃん、誰でもかまいません。 今年、ジュニアコース(小学3年生〜小学6年生)で作った作品は、『エンジェルレター』。 初めて作る新作です。 見た目は「ハート」。開くと「花」。ひっくり返…
コメント:0

続きを読むread more

あすみが丘の美味しい鶏白湯ラーメン

 お店の名前は「千乃家」。 地域新聞」の広告を見て足を運びました。 JR土気駅から歩いて7、8分。 ガストの隣にありました。 開店の11時30分の5分前に着いたら、すでに5人並んでいました。 けっこうな人気店のようです。 7人掛けのカウンターとテーブル席がありました。 とても清潔感のある内装…
コメント:0

続きを読むread more

D.HINKLAY BOOK FOLDING AND ORIGAMI -本から生まれるァート-

 ブックフォールディングとは、本を1ページずつ折っていくことで作られる本のアートです。 先日、森美術館のミュージアムショップの店頭のショーケースに、D.HINKLAYさんの作品が多数展示してありました。 D.HINKLAYさんは、国内外の多くのフォロワーに支持されているブックフォールディングアーティストです。…
コメント:0

続きを読むread more

奥田雄太展 yuta okuda solo exhibition

 現在、東京・六本木の森美術館内にあるミュージアムショップ横のギャラリーにて個展「yuta okuda solo exhibition」を開催中です。 初めて鑑賞した奥田さんの絵。 色の洪水のような鮮やかな作品に、一瞬にして目を奪われました。 大きいキャンバスに描かれた女性の顔はインパクト抜群。 …
コメント:0

続きを読むread more

『キャット・スクラッチ・フアンタジー:猫たちの魔法廊』

 四人の作家が猫をテーマに開いたグループ展「キャット・スクラッチ・フアンタジー:猫たちの魔法廊」に行ってきました。 場所は、猫の町として有名な東京・根津にあるギヤラリー「バロールラボ」。 カフェとしても利用できるので、お茶をしながら作品をながめられます。  このグループ展に興味を持ったのは、猫を帽子のよ…
コメント:0

続きを読むread more