"生徒さんの作品"の記事一覧

『空気の器』4

『空気の器』は、最初は円盤状の平らな紙ですが、切れ目が入っているので、広げ方によっていろいろな形の器ができます。 今回取り組んだのは、中学2年生のCさん。 高学年ぐらいから美的センスの成長が著しい生徒さんです。 ただし、今回の作品は普通の絵ではなく、シルエットを使ったデザイン的な絵を求めました。 デザインの学…
コメント:0

続きを読むread more

『エンジェルレター』-形が変化する手紙-

 アトリエぱれっとでは、毎年「母の日」の前にプレゼント雑貨を作っています。 贈る相手は、お母さん・お父さん・お祖父ちゃん・お祖母ちゃん、誰でもかまいません。 今年、ジュニアコース(小学3年生〜小学6年生)で作った作品は、『エンジェルレター』。 初めて作る新作です。 見た目は「ハート」。開くと「花」。ひっくり返…
コメント:0

続きを読むread more

『雪の結晶』4

 今年の冬は暖冬だったので、千葉ではみぞれ雪が一度降っただけでした。 アトリエぱれっとでは、冬の気分を少しでも楽しめるように『雪の結晶』という作品を制作しました。 折り紙を畳んでから切って、結晶を作ります。 降っている雪は、障子紙をちぎって作りました。 特に難しかったのが、雪の結晶。 広げるまでどのような形になるか…
コメント:0

続きを読むread more

『アルコールインクアート』

 毎年、母の日に合わせてプレゼント雑貨を作っています。 贈る相手は、お母さん・お父さん・お祖父ちゃん・お祖母ちゃん、誰でもかまいません。 今年クリエイトコース(中学1年生〜高校3年生)で作った作品は、『アルコールインクアート』。 白いタイルにマジックペンで色を塗り、エタノール液で溶かして制作したコースターです。…
コメント:0

続きを読むread more

個性をペンで表現したHさんの作品

 Hさんは、おゆみ野教室の漫画コースに通ってくれている中学3年生の女子です。 入会して初めて描いた絵は、目に力強さを感じる強い個性を感じました。 個性は言い換えると、強いクセになります。 絵が上手になるとクセは魅力に変わりますが、そこまでは道はなかなか険しいものがあります。 基本的な技術を身につける…
コメント:0

続きを読むread more

『ブーメラン』5

 アトリエぱれっとで作る工作は、遊べるもの・飾れるもの・プレゼントできるものなど実用的なものが中心です。 目的を持って作る方が、意欲を保ちながら取り組めるからです。 今回ご紹介する『ブーメラン』は、遊べる工作の代表的な課題です。 ブーメランは、元々は狩猟やスポーツに使われていました。 投げるともどってくる動き…
コメント:0

続きを読むread more

暗闇で光る『ビー玉アート』

 今回『ビー玉アート』に挑戦したのは、クリエイトコースの中学3年生のNさん。 クリエイトコースは、中学1年生〜高校3年生を対象としたコースです。 デッサン・デザイン・人物画・絵画などを通して絵を描く技術を学びます。 また、いろいろな素材を使ったさまざまな造形作品を作ります。 お子さんの美的センスを育てるのと同…
コメント:0

続きを読むread more

春にぴったり! 元気になれるネイルアート

 クリエイトコースに通ってくれている中学2年生のCさんの特技は、「ネイルアート」。 以前、将来の職業としてネイルアーティストに興味を持っていると、話を聞いたことがあります。 高学年頃から手先がとても器用になり美的センスが伸びてきたので、ネイルの技術に磨きがかかってきました。 時々美しいネイルをしてきてくれますが…
コメント:0

続きを読むread more

千葉市美術館に展示、おめでとう!

「先生。ぼくの工作が千葉市美術館に展示されました。」 レッスン中に小学6年生のHくんから、うれしい報告が。 「えっ、本当? おめでとうー!!!!!」 突然の報告でしたが、Hくんのがんばりが評価されたのはうれしいかぎりです。 コンクールの名前が分からないということなので調べてみました。 「第66回千葉…
コメント:0

続きを読むread more

『紙コップけん玉』

 先日、小学1・2年のキッズコースで、『紙コップけん玉』を作りました。 けん玉を体験したことがない子は、球を遠心力で回転させて入れようとするのでなかなか入りません。 紙コップけん玉を上下に振って、球を上に上げて、落ちてくる所を下で待ってるようにすると入ります。 慣れてくると、普通のけん玉よりは的が大きいので、成…
コメント:0

続きを読むread more

漫画コース初級編最後の課題『モンタージュ』

 漫画コースの中学1年生のMくんは、アトリエぱれっとに通って三年目になります。 入会時の小学5年生の時にジュニアコースと同時に受講し、現在漫画コースだけにしぼり頑張っています。 手先の器用さと強い個性により、とても独創的なキャラクターを描けます。 漫画コースは、初級編・中級編・上級編・応用編と課題が進んでゆきま…
コメント:0

続きを読むread more

『くらげボトル』

 先日、クリエイトコースのCさん(中学1年生)が『くらげボトル』を作りました。 レジン(透明感のある樹脂)を使うのが初めてだと言っていたので、こちらもドキドキです。 失敗しないように・・・、満足できるものが作れるようにと・・・、心の中でずっと願っていました。 今回作った作品は、手のひらに乗せられるガラスボトルを…
コメント:0

続きを読むread more

『空中サーカスのおサルさん』

 いろいろな触感を楽しむのは、創造力を刺激するのにとても大事です。 触った時に気持ちいいと思った瞬間に好奇心を感じ、さらに創造力が広がってゆきます。 そのため、アトリエの工作(造形)では、紙(折り紙・花紙・障子紙・画用紙・厚紙・ダンボール)・シール・布地・セロハン・粘土・ストロー・ビーズ・ビー玉・タイル・のり・ボンド…
コメント:0

続きを読むread more

『雪の結晶』 3

 子どもにとっては大好きな冬の風物詩と言えば、ズバリ「雪」かもしれません。 今年の冬は暖冬だったので、千葉ではみぞれ雪が一度降っただけでした。 小学生の生徒さんに聞くと、もっと見たかったとみんな口をそろえて言います。 そこで、画用紙の上だけでも少しだけ冬の気分を楽しめるように『雪の結晶』という作品を制作しました。 ま…
コメント:0

続きを読むread more

『花紙ライト』

 梅が美しく咲き始め、冬の終わりが感じられる今日この頃です。 寒い冬に、気持ちだけでも温かくなれるように『花紙ライト』を作りました。 間接照明的なルームライトの明かりは、人の気持ちを温めてくれます。 花紙を素材に使ったので、「和」の風情も感じられます。 『花紙ライト』 E.Tさん 小学4年生 『…
コメント:0

続きを読むread more

『だいしゃりん』

 からくり好きなので、工作には仕掛けのある課題もいろいろあります。 『だいしゃりん』は、そのうちの一つ。 両側のストローを指でひねると、人形がくるくる回ります。 外側にひねると前回り。 内側にひねると逆上がりをします。 単純な動作ですが、連続してひねり続けると、オリンピックの選手以上のスピードで回り…
コメント:0

続きを読むread more

たまごの中から生まれるのは?

子どもの時から、卵が大好きでした。 味はもちろん。 卵から何が生まれるのか分からない、そんなワクワク感が好きでした。 人は幼い頃から、予想がてきない意外な展開が楽しく感じる性質があります。 赤ちゃんに向かって、手で顔を隠して「いないないばぁー。」と言ってから手を開き顔を見せると、何度でも喜ぶものです。 今回ご紹介す…
コメント:0

続きを読むread more

卒業前のプレゼント工作

 毎年、「母の日」に合わせて、お母さん・お父さん・お祖父さん・お祖母さんなどお世話になっている人にプレ ゼントできる工作を作っています。 もう一つ卒業に合わせて、お世話になっている人にプレ ゼントできる工作を数年前から作り始めました。 始めたきっかけは、コロナ渦により簡素化された卒業式。 式の簡素化および保護者の参…
コメント:0

続きを読むread more

20年後の自分へ贈るサプライズプレゼント

 先日、ジュニアコースのSさん(小4)が、『未来カプセル』を完成しました。 『未来カプセル』は、30歳の未来の自分に贈るタイムカプセルの工作です。 カプセルの中には入れたのは、未来の自分を想像して描いた自画像と、自分への手紙。 現在の写真とちょっとしたプレゼントを入れています。 タイムマシンが開発されない限り…
コメント:0

続きを読むread more

Yさんの2つの魅力にあふれた作品

 先日、キッズコース2年生のYさんが『白いクレヨンの絵』を完成させました。 『白いクレヨンの絵』は、白いクレヨンで線を引き、透明水彩絵の具で着彩する水彩画です。 クレヨンの油分が水をはじくため、白いクレヨンの線は最後まで残るのが特徴です。  Yさんは、入会してちようど一年になる女の子。 とても明るい子で、…
コメント:0

続きを読むread more