"アート"の記事一覧

ブックヌックが完成しました

 一年前にAmazonで購入したブックヌック(本と本の間にはさむジオラマ)のキッドを利用しつつ、オリジナルのブックヌックを作っていました。 届いたブックヌックキッドは簡単に合体できました。 ・・・・・・ちゃちー。 あまりのクオリティーの低さに膝から崩れそうなレベル。 ・・・・・。 うん。作り直そ…
コメント:0

続きを読むread more

TOKYO ART CRAFT FESTA vol.5

  アートクラフトのイベント「TOKYO ART CRAFT FESTA vol.5」https://artcraftfesta.com/archives/4396に行ってきました。 こういうイベントに足を運ぶ理由は、自分が知らない雑貨に出会ったり、アトリエぱれっとでの作品作りのヒントを探すためです。 会場は、東京・…
コメント:0

続きを読むread more

『夢の覗き箱』-空間に佇む夢の世界-

 東京・京橋のスパンアートギャラリーで17名の作家によるグループ展『夢の覗き箱』-空間に佇む夢の世界- を観てきました。 テーマは、「夢の覗き箱」。 作家さんによって切り口はいろいろ。 幻想的な世界が楽しめました。 同展に足を運んだのは、日野まきさんの作品を観るため。 日野まきさんの作品…
コメント:0

続きを読むread more

宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO

 日本の代表的なイラストレーターの宇野亞喜良さんの、過去最大の個展が現在開催されています。 場所は、新宿に近い東京・初台の東京オペラシティ アートギャラリー。 現在90歳になる宇野亞喜良さんは、「イラストレーション」・「イラストレーター」という言葉を日本で根付かせたレジェンド的な存在です。 切れ目な目力…
コメント:0

続きを読むread more

D.HINKLAY BOOK FOLDING AND ORIGAMI -本から生まれるァート-

 ブックフォールディングとは、本を1ページずつ折っていくことで作られる本のアートです。 先日、森美術館のミュージアムショップの店頭のショーケースに、D.HINKLAYさんの作品が多数展示してありました。 D.HINKLAYさんは、国内外の多くのフォロワーに支持されているブックフォールディングアーティストです。…
コメント:0

続きを読むread more

奥田雄太展 yuta okuda solo exhibition

 現在、東京・六本木の森美術館内にあるミュージアムショップ横のギャラリーにて個展「yuta okuda solo exhibition」を開催中です。 初めて鑑賞した奥田さんの絵。 色の洪水のような鮮やかな作品に、一瞬にして目を奪われました。 大きいキャンバスに描かれた女性の顔はインパクト抜群。 …
コメント:0

続きを読むread more

『キャット・スクラッチ・フアンタジー:猫たちの魔法廊』

 四人の作家が猫をテーマに開いたグループ展「キャット・スクラッチ・フアンタジー:猫たちの魔法廊」に行ってきました。 場所は、猫の町として有名な東京・根津にあるギヤラリー「バロールラボ」。 カフェとしても利用できるので、お茶をしながら作品をながめられます。  このグループ展に興味を持ったのは、猫を帽子のよ…
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸優展『星を数える』

 東京・銀座のGINZA SIXにある蔦屋書店インフォメーションカウンター前にて、現在開催中です。 野生動物を題材にした、テラコッタ(素焼きの土)の実物大の彫刻作品が並んでいました。 その野性味にあふれた迫力に圧倒されました。 顔だけのシンプルな形状なのに、荒々しく躍動感すら感じさせます。 いつまでもなが…
コメント:0

続きを読むread more

『百花繚乱〜女流画家たちの協奏』

 東京・銀座のGINZA SIXにあるアールグロリュー銀座にて、『百花繚乱〜女流画家たちの協奏』を観てきました。 12名の女流画家たちによるグループ展です。 女性を題材にした絵ですが、それぞれがまるで違う輝きを感じさせる個性的な作品が並びます。 自分の感性にぴったり合う、好きな作品がたくさんありました。…
コメント:0

続きを読むread more

『新世界』2 -見たことがない未来のアート-

 POLYGON1993・Lighton・Lukas・Louis Dazy・Oelhan。 5名のフランス人アーティストによるデジタルアーティストユニット「SOMA Collective」。 物理的なものと仮想的なものをデジタルで表現した新しいアートを、4つのギャラリーで展示していました。  2つ目に足を運…
コメント:0

続きを読むread more

『新世界』-見たことがない未来のアート-

 POLYGON1993・Lighton・Lukas・Louis Dazy・Oelhan。 5名のフランス人アーティストによるデジタルアーティストユニット「SOMA Collective」。 その作品は、どこか懐かしい題材を表現する物理的アートと未来的なデジタルアートが融合した、魅力に満ちた世界観があります。 …
コメント:0

続きを読むread more

ダリを楽しむ -気分はすっかりダリ100%-

 『サルバドール・ダリ― エンドレス・エニグマ 永遠の謎― 』https://kadcul.com/event/170にてダリの世界観に触れるであれば、自分自身をダリに変身してみませんか? 会場の外に、ユニークなフォトスポットがあります。 ダリの絵をプリントした壁の前に割れた卵がいくつか置いてあります。 …
コメント:0

続きを読むread more

ダリを知る「言葉の回廊」「永遠の謎 ダリ!ダリ?」

 「体感型デジタルアート劇場」を出ると、「言葉の回廊」に続きます。 ここまでが第1会場。 「言葉の回廊」には、ダリ(呼称略)が生前発した言葉が印刷された半透明なのれんの数々がぶら下がっています。 初めは、タメになる言葉にいろいろ出会えるのだと思っていました。 ・・・・・・。 ・・・・・・。 い…
コメント:0

続きを読むread more

ダリを感じる「体感型デジタルアート劇場」

 とてつもなく幻想的で奇妙な絵。 美しくグロテスクで遊びこごろのある楽しく不思議な壮大な世界。 それが、20世紀を代表するスペイン天才芸術家サルバドール・ダリ(呼称略)の作品の印象です。 特にシュルレアリスムの代表的作家として有名です。 現在、『サルバドール・ダリ― エンドレス・エニグマ 永遠の謎― 』htt…
コメント:0

続きを読むread more

『マツダケンの世界展』-動物と植物の共生-

 イラストレーター マツダケンさんの個展『マツダケンの世界展』が、東京・銀座のセイコーハウス銀座ホールにて開催中です。 マツダケンさんは、独学でペンと水彩を使って動物と植物の共生をテーマに制作を行っています。 経歴は元公務員。 5年前から本格的に制作活動を始めていますが、すでにとても人気のある作家さんです。…
コメント:0

続きを読むread more

monde 「本棚の中の路地裏」

 私は本が好きです。 小説・漫画・絵本、ジャンルは違っても好きな本に出会えるとワクワクします。 本は、自分にとって森のようなものだからです。 本を読むということは、知らない森を散策して、作者の知的な感性に出会える素晴らしい体験です。 スマホでも本は読めるし、最近は朗読までしてくれるアプリもあります。 し…
コメント:0

続きを読むread more

『BIG CAT BANG』 -空飛ぶ猫の群れ-

 必ずアートに出会えるデパートGINZA SIXは、銀座エリア最大の商業施設です。 現在、GINZA SIXの中央吹き抜けの空間で、ヤノベケンさんの彫刻作品によるインスタレーション『BIG CAT BANG』が開催中です。 インスタレーションとは、作品だけではなくて、室内や屋外の空間全体を作品として観客を体験…
コメント:0

続きを読むread more

好きな作家の絵の展示 -アカダチアキ-

   普段は、おゆみ野教室に私の絵を飾っています。 昨年の秋から、追加で好きな作家さんの絵を飾ることにしました。 その理由は、生徒さんたちに間近でプロの作家の絵を観る機会を作りたいからです。 学生時代、アートによほど興味がない限り、自分からギャラリーや美術館に行くことはあまりありません。 ネットで見つけたイ…
コメント:0

続きを読むread more

公募展 『視線』

 先日、東京・JR総武線「信濃町」駅より徒歩7分にある「The Artcomplex Center of Tokyo」というギャラリーに足を運びました。 このギャラリーは、住宅街の中に突然現れる格式高いヨーロッパ風の建物の2階にありました。 なかなかの非日常感。 入り口をくぐるだけで、ワクワクします。 …
コメント:0

続きを読むread more

niña 『AfterBirth』

 東京・神保町にできた新しいギャラリー「New Gallery」のこけら落としの展示は、nina初個展「AfterBirth」。 靖国通りから一本奥に入った裏路地にありました。 ビルの一階にある、外からの見通しが良いおシャレでかなり広いギャラリーでした。 ninaさんは、YOASOBI「夜に駆ける」やAdo「私は最…
コメント:0

続きを読むread more