"絵本"の記事一覧

『不思議の国のアリス』-絵本のテーマパーク-

  世界中で人気のある名作『不思議の国のアリス』。 その名作を大胆にポップアップ(飛び出す絵本)に仕上げたのは、ロバート・ジェームス・サブダさん。 ニューヨーク・タイムズ紙は2003年の記事で、彼を「紛れもなくポップアップの王」と称しました。  私は昔から本が大好きでした。 現在ではスマホから画面越し…
コメント:0

続きを読むread more

『とん ことり』

 小学校では新しい体験や出会いが待っています。 家庭では味わえないワクワクや楽しみがいろいろあります。 しかし、内気なお子さんにとっては、不安がいっぱいかもしれません。 新一年生。新しいクラス。 親しい友だちができるまで、ドキドキした気持ちを抱えているかもしれません。 頼りになる先生も慣れるまでは、少し怖い…
コメント:0

続きを読むread more

『じゃぶじゃぶこの きょうりゅう』の見本が届きました

 先日、小学館から絵本『じゃぶじゃぶこの きょうりゅう』の見本が届きました。 この絵本の原作を書いています。 三重県のテーマパーク 志摩スペイン村 パルクエスパーニャ内で先月から園内で販売されています。 行く機会があれば、ぜひ手に取ってみて下さい。 関連記事 原作を描いた絵本が今月販売されます h…
コメント:0

続きを読むread more

冬に読みたくなる絵本

 毎年雪が降るような冬の寒い時期に、思わず手を伸ばしたくなる大好きな絵本『てぶくろ』。 ウクライナ民話から作られた名作です。 1951年に旧ソビエト連邦で出版され、日本では1965年に翻訳出版されました。  おじいさんが森の中で片方の手袋を落とします。 雪が積もった寒そうな場所に、とても暖かそうな手袋。 …
コメント:0

続きを読むread more

原作を描いた絵本が今月販売されます

 昨年、ブログで告知した絵本『じゃぶじゃぶこの きょうりゅう』が、今月の1月31日から三重県のテーマパーク 志摩スペイン村 パルクエスパーニャ内で限定販売されます。書店による一般販売はありません。 昔小学館の絵本雑誌『おひさま』に絵本の原作で連載をしていた時に、縁があり執筆した一冊です。  絵は、木村光雄さん…
コメント:0

続きを読むread more

進化した「飛び出す絵本」

 今や映像で3Dは当たり前の技術です。 そのためか、「飛び出す絵本」の進化が止まりません。 昔から「飛び出す絵本」はありました。 しかし、現在人気のある作品は、読者の予想を超えた立体表現を楽しめます。 絵本は平面の絵で構成されています。 そこに立体感を出すには、やりすぎるぐらいの演出表現が必要になります。 …
コメント:0

続きを読むread more

ものづくりの「きっかけ」

 誰でも何かを始める「きっかけ」があります。 私が絵や物語作りに興味を持ったのは、1冊の絵本から。 それは、幼稚園の時に先生からもらった「へんぜるとぐれーてる」(ニッポ出版)です。 今までいろいろな「ヘンゼルとグレーテル」を見ましたが、この絵本の挿絵が一番気に入っています。 もう数十年前の絵本なので、とても汚…
コメント:0

続きを読むread more

昔原作を書いた絵本の復刻版が出ます

 昔絵本の原作を書いていた頃の一冊『じゃぶじゃぶこの きょうりゅう』の復刻版が出ることになりました。 この絵本は、三重県のテーマパーク 志摩スペイン村 パルクエスパーニャとコラボした絵本です。 一般流通もしていましたが、施設内販売が中心でした。 千葉県民にはあまりなじみのないテーマパークですが、国内レジャー(テーマ…
コメント:0

続きを読むread more

リサとアート気分でお出かけしましょう

 『リサとガスパール』は、世界で200万部突破の大人気の絵本シリーズ。 主人公のリサは、フランス(パリ)に住んでいる、ウサギでもイヌでもない女の子。 人間の学校に通って友だちがいっぱいいるけれど、特に仲良しなのは、ガスパール。 遊びもいたずらも、いつも一緒です。 リサは、好奇心が旺盛なので、いろいろなハプニングに…
コメント:0

続きを読むread more

子どもが下を向いた時、心を温めてくれる絵本

 ある年齢になると、子どもは保育園・幼稚園・小学校・習い事教室などに通うようになります。 親から離れての、新しい出会いの中での生活環境。 新しい発見や楽しみに出会える喜びがあります。 同時に、新しいことは、恐れや不安を生み出します。 不安に感じる気持ちをどうしたらよいのか分からずに、胸をぎゅっとしめつけらるこ…
コメント:0

続きを読むread more

『2ひきのねこ』-猫が好きな人にオススメの絵本-

  昔から犬好きなので飼うなら犬派ですが、見た目と自由奔放な生き方が好きなのは猫です。 猫がどんどん好きになったきっかけ。 それは、以前漫画コースに通っていた猫好きのMさんが時々見せてくれた猫のイラストかもしれません。 最近買った絵本『2ひきのねこ』。 猫好きにはたまらない本だと思います。 飼い主の「ももち…
コメント:0

続きを読むread more

『大ピンチすかん』

 絵本が大好きです。 絵本が好きな理由は、ファンタジーがたくさん詰まっているところ。 日常を切り取った作品も、優しいタッチの絵を見ると、心が温まります。 好きすぎて、昔、小学館で月間で刊行していた絵本雑誌「おひさま」で絵本の原作の仕事をしていたこともあります。 現在でも、大きい本屋さんに行く時は、絵本コー…
コメント:0

続きを読むread more

『あし にょきにょき』-絵本は想像力の宝庫-

 絵本は、子どもが最初に出会う本です。 紙面いっぱいに広がる魅力的な絵が、子どもの心をわしづかみします。 少ない文章のため、絵と絵の間の様子は、自分で想像する楽しみがあります。 絵本に対してアニメは、躍動感のある映像を楽しめる魅力があります。 ただし、映像の連続のため、想像する必要がありません。 創造力の成長を考えると…
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスイブの真夜中に走る急行『北極号』

 クリスマスにお気に入りの絵本を一冊ご紹介します。 『急行「北極号」』。 作者は、アメリカの児童文学作家でありイラストレーターのクリス・ヴァン・オールズバーグさん。 1986年度コルデコット賞受賞した、世界中で人気のある絵本です。 日本では、2003年に村上春樹さんが翻訳して、あすなろ書房から出版されました。…
コメント:0

続きを読むread more

『星の王子さま』に学ぶこと

 『星の王子さま』は、フランスの作家サン=テグジュペリが書いた児童小説で、1943年にアメリカで出版されました。 大好きな本で、読む年齢で違った感想を持てる、不思議な本です。 作者自身によるさし絵は、けっして上手には思いませんが、文章と一体化されていて記憶から離れない魅力があります。 今回ご紹介したいエピソードは、…
コメント:0

続きを読むread more

林明子の優しい絵本

 小さい頃から絵本好きで、若い時には絵本作家を目指したこともあるので、現在でも絵本には特別な思いがあります。 いろいろな絵本が好きですが、絵本作家さんでは林明子さんの作品が特に気に入っています。 主に70年80年代の作品が多い、日本を代表する絵本作家の一人です。 林さんの描く子どもの絵がとにかく魅力的。 子どもら…
コメント:0

続きを読むread more

『フラワーフェアリーズ』

 子供のころは本が大好きで、グリム童話、アンデルセンの童話、シンドバットの冒険などのファンタジー的なお話は特に心ひかれました。 妖精についても、信じていたわけではありませんが、でももしかしたらいるかも、いたらいいいなと心のどこかであこがれていました。  自分の中でイメージしていた妖精のイラストを初めて観たのは大学生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分が少しだけ好きになる絵本

 私が好きな絵本を一冊紹介します。 佐々木マキ著の「やっぱりおおかみ」です。  地球上にたった一匹だけ生き残ったオオカミが、仲間を求めて街をさまようお話です。  文章が少ない漫画風の絵が淡々と展開してゆきます。 オオカミはどこに行っても居場所がなく、同じ仲間はついに見つかりませんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスの絵本

 「よるくま クリスマスのまえのよる」 以前紹介した「よるくま」の続編です。 クリスマスに関わる絵本は星の数ほどありますが、 中でもお気に入りの絵本です。  明日は楽しいクリスマス。 でも、サンタさんは来ないかも・・・。 お母さんにしかられた主人公の男の子が心配で眠れないと、ドアをノックする音が聞こえてきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しい絵本

 子供の頃から絵本が好きです。 大人になっても本屋さんで絵本コーナをぶらぶらする事があります。気に入ったものがあると、子供へのお土産ではなく自分用に買ったりしています。  私にとっての絵本の魅力は、一枚の絵を観る事でどっぷりとその世界観に自分が入り込み、絵や文章で説明していない所は自分の想像力で広げられることです。 漫画や映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more